寝室

民泊活動できる施設の開発

きれいな寝室

民泊に活動できる施設の開発、法整備の早急な取り組みはもちろん、都心だけではなく日本全国の観光地を始めとした民泊に活用できる施設の開発は非常に大きな課題だと思います。
もちろん、もともと観光地を中心に観光客の受け入れ先は多いので多くの部分が賄える可能性は高いです。しかしながら2020年には4000万人の海外からの渡航客が予測されています。有名な観光スポットだけではどうしても受け入れ先が不足することは間違いありません。さらに、地方に行けば行くほど受け入れ先が厳しくなっていくことでしょう。
とはいえ、今の日本の社会の現状を考えた場合には、高齢化がどんどん進んでいくことでマンションやアパート、一戸建ても空き家が増えていくことも見えています。こうした施設を安くリノベーションして民泊として活用してゆくことを考えるのは非常に重要なポイントです。
さらに、日本の一般的な宿泊方法とは違うため、民泊の管理者をどれだけ確保してゆけるかは、ビジネスとしての魅力にかかっているのではないでしょうか。
海外からも日本は大きな市場として考えられていますので、今のうちから業界発展のための団体を作るなど、手をつけてゆくことが非常に重要になってくると思います。

TOP