寝室

recent information

NEW2016年12月15日
民泊利用しましたを追加しました。
NEW2016年12月15日
民泊活動できる施設の開発を追加しました。
NEW2016年12月15日
家主居住型と家主不在型の民泊を追加しました。
NEW2016年12月15日
これから成長するビジネスは民泊を追加しました。

≫ 記事一覧へ

これから成長するビジネスは民泊

オリンピックを数年後に控えた今、徐々に機運が高まっているビジネスといえば民泊が挙げられます。ここ最近は特にネットやテレビでよく目にするようになったので、言…

部屋

ゲストになり民泊してみる刺激的体験

ピアノのある部屋

日本ではつい最近になってにわかに民泊ビジネスが話題になるようになりましたが、外国においてはかなり前からこうしたことがビジネスとして行われており、仲介業者も多く民泊を利用した旅行者をおもてなしする文化のある国も少なくありません。
日本人はどちらかというと、旅行会社を仲介した旅行ツアーで海外に行く人たちが多く、決められたホテルそして決められたコースを観光し、バスはほとんど日本人という事は少なくありませんが、本当にその旅行先を楽しむには、仲介を使わず現地の人たちと会話をしたり、彼らの生活を見たり、普段食事をしているものを一緒に食べたりすることで、その国を知ることができるのです。
民泊をするならば、そうした楽しみを味わうことができるし、その土地独特の習慣を知ることにもなるため刺激的です。民泊専用のサイトを利用すれば、いつでも旅行先のそうした個人の家に宿泊をすることができ、楽しい経験ができます。世界200カ国前後でこうした民泊専用のサイトが利用できるようになっており、おそらくどこでもそうしたサービスを受けることができますので、今後海外旅行に行くときには、自分がゲストになり、ホストにおもてなしをしてもらうという、素晴らしい体験をしてみることができます。

民泊のあれこれ

皆さんが民泊と聞いて初めに想像することはおそらく、無償で他人の家に泊まらせてもらうということではないでしょうか?
しかし、現代では民泊というものを新ビジネスにしていこうという傾向があり、簡単にいうとアパートを建ててその一室を貸すと言ったものに近く、子供たちが実家などを離れその空いた部屋に仲介業者を介して、人を泊めそれに見合ったお金を代金としていただく経営スタイルです。ゲスト側から挙げると民泊のいいところはまず格段に宿泊代が安く済むというところにあると思います。また、普通のホテルでは感じることが出来ないことをたくさん感じることが出来ます。例えば自分がコミュニケーションをとることが苦手でない場合は暇な時間はリビングなどでホスト側の人と談笑することもできます。そもそも民泊を経営するような方々は単にお金を儲けたいという人はほとんどおらず、おもてなしをして客人を喜ばせたいというような方々が多いと感じるので、コミュニケーションを多くとりたい人にとって民泊はうってつけなのではないかと思っています。
ホスト側でこれから気を付けないと思うところは、最近の民泊は主に外国の方々多いためにふたを開けてみたら全く日本語を話すことができない人や、コミュニケーションをとるのがとても難しいような人たちを泊めることになるかもしれません。また、人気のエリアの近くでは人がひっきりなしに入ってきて自分の時間が無くなる可能性もあります。そういった場合のためにも、仲介業者は大手のところに仲介してもらうようにしましょう。

民泊とその特徴

規制緩和の推進などで注目を集めている民泊ですが、そもそも民泊とは何なのかを押さえていないとイマイチ動向が掴めません。宿泊サービスは様々な形で展開されていますが、この民泊は一般人の方々にも大きく影響するスタイルなので、その特徴を紹介します。
きちんとした形で定義されているわけではありませんが、一般的に自宅を宿泊施設としてカスタマイズした宿泊施設を指します。つまり、誰でも場所と仲介などの環境さえ整えれば民泊として機能しますし、民泊に当てはまるということです。当然宿泊料金は設定されていますし、その点はその他の宿泊施設と差異があるわけではありません。
主に観光客に向けてビジネスが展開されていますが、中でも注目されているのは外国人観光客の受け入れです。より多くの外国人観光客を受け入れる体制を整えるという意味では、民泊は優れたサービスといえるのです。また、東京オリンピックに向けてさらに拡大していくサービスとも見て取れるでしょう。
このような特徴を持っているのが、民泊です。誰でも環境を整えられるメリットがある上に、需要も高く規制緩和に向けて進んでいます。もし民泊を開く側になるのなら、この規制に関する情報や仲介業者は逐一チェックしておきましょう。

TOP